車を購入する際、借り換える際のオートローンは、金利や利用条件でしっかりと比較をしましょう。

オートローンの保証人

金融機関などで組むオートローンは、多くは担保や保証人を原則不要としています。あくまで原則として不要のために審査結果や契約内容によっては必要となる場合がありますが、特に問題がなければ担保も保証人も用意する必要がありません。

ディーラーでのローンであれば購入した車が担保となり、さらには保証人が必要となる場合が多いため、比べると大幅に手軽なように感じられます。しかし、担保も保証人も原則不要となる金融機関のオートローンは、それだけ審査が厳しくなるデメリットもあります。

返済能力が問われる

オートローンは借り入れる金融機関とは別に定められている、保証会社の保証を利用する契約となる商品がほとんどです。保証会社の保証を利用するために借り手側が保証人を用意する必要がなく、担保に関しても原則不要としています。

保証会社をするための保証料は金利に含まれているか別途必要となるかはオートローンの商品によって異なりますが、どちらにしても仮にローンの返済ができなくなると保証会社が肩代わりしなければならないので、申し込み者の返済能力に関してはしっかりと判断をしています。

担保や保証人がいればある程度は審査基準を下げたとしても、リスクを金利でカバーしながらローンも組めます。しかし、担保も保証人も原則不要とするオートローンはリスクは取れないため、問題なく返済ができるかを確認する審査基準はどうしても厳しくなってしまうのです。

保証会社が複数ある場合も

審査基準の厳しさが金融機関で借りるオートローンのデメリットとなりますが、あまりにも厳しい審査で貸付自体が行えないと金融機関側も商品の意味がなくなってしまいます。だからと言って審査基準を引き下げるわけにもいかないので、借り入れ先によっては異なる審査基準となる複数の保証会社を用意している場合があります。

まずは審査基準が厳しくなる保証会社の審査から入り、基準を満たせなかった場合には別の保証会社での審査を行う二段階の保証審査としているオートローンもあります。どちらかの保証会社の審査に通過ができればオートローンの利用ができるので、いくらか利用がしやすくなっていると言えます。

ただ、保証会社によって金利が変わる場合があります。下限金利での利用とはならないこともあるため、複数の保証会社を用意している金融機関のオートローンを利用する場合には、利用条件はしっかりと確認をするようにしてください。

  • 申し込みは一度で良い

複数の保証会社による審査が行われるオートローンであっても、申し込み自体は一度で済む場合がほとんどです。一度の申し込みで保証会社による審査が段階的に行われるので、別々の申し込みを進める必要も無く手間はかかりません。

保証人が必要となる場合

保証会社の有無を問わず、保証人が必要となる場合には保証人にも一定の条件が求められることとなります。最低限として保証人自体が安定した収入を得ている必要があり、誰でも保証人になれるわけではありません。

条件を満たせば多くは家族の方などに保証人をお願いすることとなりますが、友人や知人に保証人になってもらう場合もあります。誰に保証人になってもらうとしても返済は必ずしっかりと行うようにし、保証人に迷惑がかからないようにしなければなりません。

ローンの返済ができなくなると自身の信用情報に大きな傷が付くことに加え、保証人へのローン返済の請求がされてしまいます。人間関係の大きなトラブルにも発展してしまうので、保証人の有無問わずではあるのですがローン利用時にはしっかりとした返済計画を立てるようにしましょう。

無理のある返済計画でローンを組むと、後々で自分自身が困ることとなります。余裕を持って返済が行えるように、無理のない範囲でのローンを組むようにしてください。

トップへ戻る