車を購入する際、借り換える際のオートローンは、金利や利用条件でしっかりと比較をしましょう。

オートローンの借り換え

ディーラーのローンなどの高い金利で契約を行ってしまい、大きな利息負担で返済を進めている方派オートローンへの借り換えを考えてみると良いでしょう。高い金利で払い続けても負担が増えるだけであり、利息の支払いは無駄な出費でしかありません。

金利が軽くなればその分だけ利息が減少し、利息が減れば最終的な支払い金額も少なくなります。ディーラーで6%や7%、または10%前後などの高い金利でローンを組んでしまっているのであれば、低金利のオートローンに借り換えれば負担は大幅に軽減されます。

金融機関で借りるオートローンであれば繰上げ返済も手数料が無料で行えるところもあるので、余裕があれば多くの返済で総支払額をさらに圧縮できるようにもなります。

ネットで手軽に申し込み

オートローンの多くはインターネットで来店不要で申し込みが行えるようになっているので、いつでも空いた時間に申し込み手続きが進められます。仮審査の結果連絡もメールや電話となる場合がほとんどで、店舗まで手続きに行く必要もありません。

金利が低いオートローンとなると審査もそれなりの基準となりますが、仮に審査落ちとなってしまったとしても今借りているローンの返済を進めるだけです。新規で車を購入する際のオートローンの審査落ちとなるとローンでの車の購入自体を諦める必要も出てきますが、借り換えであればそこまでの状況には陥りません。

僅かに金利が軽くなるだけだとしてもオートローンの借り換えはメリットが大きい場合があるので、今の金利が高いと感じるのであれば低金利の借り換えに人気のオートローンの利用を考えるべきです。

借り換え時の注意点

オートローンを利用して借り換える場合には、今現在のローン返済が正常に行えていることが最低限の条件となります。返済ができなくなっている状態での借り換えは利用できず、申し込みを行ったとしても審査に通ることはないので無駄な手続きとなってしまいます。

また、直近での返済履歴にも注意が必要です。オートローンを提供する金融機関などの中には、借り換えとして利用をする際には直近半年間の返済にトラブルが無いことを条件としている場合があります。

直近の半年の間に返済が遅れている履歴がある、入金額が不足しているなどとなると借り換えとしてのオートローンの利用ができなくなるので、申し込みを行う際にはここ最近の返済状況に問題が無かったかを確認するようにしてください。

  • 返済履歴は信用情報機関に記録される

オートローンの借り換え申し込み時には、借り換え先が今現在借りているローン会社などに直接問い合わせるわけではありません。ローンの契約内容や返済履歴が記録されている信用情報機関に照会を行い、申し込み者の利用状況を確認しています。

借り換えができないローン

今現在借りているローンがディーラーで組んだものや、信販会社などのローンであれば問題はありませんが、その他のローンなどの場合には借り換えとしての利用が不可となってしまいます。

例えば個人間のローンや車の購入に使われたかが不明なカードローンやキャッシングローンなどは、オートローンによる借り換えの対象外となります。あくまで車の購入に利用をしたと証明ができるローンでなければならないので、ディーラーやローン会社で借りているローンに限られます。

借り換え対象となるローンであれば金額を問わずにオートローンへの借り換えも対象となるので、金利が高くて毎月の返済が負担になっている、最終的な支払い総額が大きくなりそうと感じているのであれば、低金利のオートローンの仮審査を受けてみましょう。

仮審査の結果が納得のいく内容で無かった場合には無料でキャンセルもできるため、借り換えとしての利用においてもオートローンは便利なのです。

トップへ戻る